★医学部再受験は志望校選びが重要!私立医大を目指すことでチャンスも広がります!★

医学部再受験を決意する社会人や他学部在籍者が増加傾向にあります。これは、終身雇用の崩壊と不安定な経済情勢により、安定的に高額な報酬を得られる医師への興味が増えつつあるからです。また、一度医学部受験を諦めた人たちが、医師の夢を諦めきれずに再挑戦するケースも多く見受けられます。しかし、医学部受験は少子化にもかかわらず依然として難易度の高い試験となっています。したがって、適切な志望校選びと効率の良い学習計画が合格を勝ち取るうえで重要となってきます。そこで、今日は医学部合格の可能性を少しでも高めるための志望校選びについて紹介したいと思います。2chやブログなどで有名ですが、医学部では年齢差別を行っている大学が結構あります。たとえ、学力があっても年齢を理由に不合格とされる大学を目指すのは非効率です。まずは、信憑性の高い情報を入手するためにも、豊富な受験データを持っている医学部予備校に相談してみましょう。次に、再受験生の多くの人は経済的理由から国公立大学医学部に絞って勉強している人が多くいますが、国公立大学は科目数も多く難易度が高い傾向にあります。したがって、比較的対策が容易な私立大学医学部も照準に入れた対策を行うほうが合格できるチャンスは広がります。たしかに私立大学医学部は学費が高額で、6年間の総額が3000万円を超える大学も普通にあります。しかし、最近では医師不足を解消するために自治体が6年間の学費を貸与してくれる奨学金が多くあります。卒業後、自治体が指定する医療機関で一定期間勤務すれば返済不要となるため、本気で医師になりたいという人にはおすすめです。経済的理由だけで国公立に絞っている再受験生は、返済不要の奨学金をうまく利用して私立大学を目指すことで、医師になれる可能性を高めることが可能です。