★公認会計士試験は独学ではかなり困難!!資格予備校を活用して合格を勝ち取ろう!!★

公認会計士とは、監査および会計に携わる専門家で、その資格は弁護士や医師と並ぶ、三大国家資格と言われています。公認会計士の主な業務は、財務諸表に不正がないかをチェックしたり、経営についてのアドバイス、税務業務等を行ったりと、そのフィールドは多岐にわたります。このように公認会計士の業務は会計分野の専門性が高いため、公認会計士試験を独学で合格することはかなり困難だと言えます。なぜなら、初学者にとっては専門用語やその学問に対してイメージがつきにくい点が挙げられます。また、独学で行う場合は情報収集を自分で行わなければならず、法改正が行われた時の影響も自分で分析しなければなりません。公認会計士試験の資格予備校を活用した場合は、指導することに長けた講師陣が専門用語などもわかりやすく説明してくれるので、初学者の人でもあやふやなところを解消できます。また、公認会計士試験は相対評価となっており、自分が受験生の中でどれだけの位置にいるのかという情報は重要なことですが、独学の場合だと、自分の立ち位置がわかりにくいです。資格予備校だと、受験生仲間が多くいるので、答練等で自分がどれだけの位置にいるか把握でき、自分にとって足りないことがわかります。公認会計士比較ランキングでは、公認会計士の基礎知識や試験制度などを詳しく紹介しています。また、公認会計士の合格実績の高いおすすめの専門学校や資格予備校を比較ランキング形式で紹介しているので、参考にしてみてください。公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現

公認会計士 独学はコチラ